中学時代に地元・埼玉県行田市(当時 南河原村)の和太鼓グループ『河原兄弟 一の谷先陣太鼓』への参加がきっかけで打楽器を始める。その後、友人とのバンドでドラムを始める。大学時代に学生ラテンジャズビッグバンド「日本大学リズム ソサエティ オーケストラ」でパーカッションに転向。

大学卒業後、就職し名古屋に転勤。

「劇団四季 ライオンキング名古屋公演」にパーカッションとして参加を機に会社を退職。千秋楽までの約1年半、ライオンキングの舞台に出演。


2006年にキューバへ留学。キューバ音楽の発祥の地、サンティアゴ・デ・クーバで毎年開催されるソン・フェスティバルに3年連続で出場。


2010年より日本を代表するパーカッショニスト大儀見  元率いる「SALSA SWINGOZA」にボンゴプレイヤーとして参加。

JONTE、渡辺美里、オルケスタデラルス、KUなどのサポート経験も持つ。キューバ音楽、ブラジル音楽、POPS、JAZZなどジャンルを問わず多方面で活動中。